随想

ひとりごと
中村 美知
 昨年は年明けの一月に一度だけ旅をした。
 危うくセーフの帰国だった。
 それ以降というもの、今日まで高知県からも出ていない。
 二ヶ月に一度くらいお墓参りに帰ることが一番の遠出となっていたが、最近高知市内
の新墓地へお引越しをしてからはそれもなくなった。
 今や私の頭の中は、コロナの脅威の終息は、いったいいつになるのかとの思いでいっ
ぱいになっている。
 ちなみに、我が家では言われる前から三蜜回避もディスタンスも完璧なような・・・

 過日、このコロナ禍ですっかり有名になったあの岡田先生がバラエティ番組でこのよ
うなことをおっしゃっていた。
 地球温暖化が進むことにより南極(北極?)の氷が融けると、未知のウィルスや過去
のウィルスが復活する可能性があるのだと。
 それはコロナとは直接関係のない話しだったかもしれないが、永久凍土の下で眠って
いたウィルスが目を覚まし人類を脅かす?そんなことが頭に浮かんで勝手にゾッとして
しまった。
 コンピューターの予測ではこのまま温暖化が進むと、二一〇〇年には地球の温度は四
度上がるとか。
 温暖化によるこの脅威を未来に残さぬよう、もう一度身の回りを見つめ直してみよ
う。

 もうすぐ春ですね♪どじょっこやふなっこばかりではない、しまい込まれている私の
背中の羽根ももうウズウズしてきた。
 今はただじっとテレビで世界の絶景を楽しんでいる。