野村大蔵さんを悼む
 先だって8月末の新聞の死亡広告で、野村大藏さんの名前を見付けたときは、我が目を疑った。
 半年前に、お元気な姿に接したばかりであったからである。周知のとおり野村さんば当電友会の前々会長として平成8年までの4年間、そして会長辞任後も顧問として長年にわたり会の運営と発展に尽力されて来た。
 私事であるが、役員在任中はいろいろとご指導ご鞭捷を賜わったことを思い出す。
 野村さんは、戦前戦後を通じ、線路系の技術者として務められ、昭和56年に佐川電
報電話局長を最後に退職された。そして今日に至る迄その温厚篤実て、抱擁力豊かな人柄で、大勢の人達に親しまれて来た。まだまだ長生きしてOB仲間達を温かく見守って欲しかったと思うのは私一人ではあるまい。
 しかし、野村さんがさまざき病歴の持ち主で、大変な思いを抱きながら頑張って来られ
たことを私は知っている。この度、天国へ旅立たれたことは此の上もなく悲しい事実であるが、これらの苦しみから解放され、安らかに眠られることを願い心からご冥福をお祈
りして追悼の辞としたい。