トピックス[交流]

協働の森(NTT光の森)交流活動 
2017 寺本和男(レポート) 
 NTT高知支店が毎年、高知市土佐山地区で実施している『協働の森「NTT光の森」』の交流活動が、11月11日(土)にNTT社員と家族等42名が参加して開催され、電友会からも畠山博さん・邑田正次さん・寺本の3名が参加しました。
 当日の天気を心配しましたが、現地は晴天で予定どおりの活動ができました。
 9時20分から開会式が行われ、NTT高知支店山神支店長の挨拶、県・市・森林組合等の方々からの挨拶の後、A・B班に分かれ作業に取りかかりました。
 作業内容は、間伐と間伐材を利用した木のバッグ作りで、一時間毎の交替で実施しました。
 作業の後はお待ちかねの昼食会。焼肉バーベキュー・田舎寿司・豚汁を皆で美味しくいただきました。
 昼食後、閉会式が行われ解散になり、美味しい山の空気に浸りながら帰途につきました。
 毎年、間伐体験と何かを作成する作業が実施されますが、今年はバッグづくりを体験して思いました。
 なかなかの難作業で、作り上げた時は達成感にひたりました。
 頭の体操が十分に出来、大変気持良く過ごせた良い一日でした。
 NTTさんありがとう。
  
           邑田・畠山・寺本                      NTT光の森
トピックス[交流]第210号掲載