トピックス[交流]
須崎交流会
◆旧須崎管内NTT現役とOBの集いに参加
        〜須崎名物、旬の新子に舌鼓〜 
2016 井上淳介(レポート) 
 9月10日16時30分から「旧須崎管内NTT現役とOBの集い」が開催されました。
 当日は昼間は真夏日、朝夕やっと秋が感じられる1日でしたが、須崎駅近くの「姫路屋」に会員等24名が出席し和みの数時間を一緒に過ごしました。
 テーブルには皿鉢料理が並ぶ中、吉村二郎会長の変わりゆく須崎の姿に思いをつづる熱意の挨拶から始まり、会員の近況報告、来賓紹介と続き、セレモニーは無事終了です。
 待望の宴会スタートはNTT労組退職者の会の弘田事務局長の力強い乾杯からでした。「姫路屋」はかっての須崎電報電話局時代の御用達の雰囲気漂う老舗の料理屋で食べるもの全てが土佐の須崎?でした。勿論朝どれの新子も並び我先にと箸を進めました。この会への出席の目標の半分はこれで達成です。
 年に一度の懇親会とあって「久しぶりやね元気やったかよ!」で始まり飲むほどに昔の職場、今の健康、農作業、親の介護、終いにはかっての武勇伝等々会話は途切れることなく盛り上がっていました。
 私個人は須崎勤務もなく顔見知りの方は少なかったものの、この歳になって新たに人と出会うのもいいもんだという気持ちなりました。皆様に感謝、感謝です。
 宴会が始まり2時間、新子がすっかりなくなり、熱燗がゴロゴロしだした頃、気が付けば人数は半分になっていました。このままいては来賓としての品が問われると思いながらも、最後までいて報告しようという責任感?で頑張ってみましたが、地元の強者には完敗です。
 3時間近く経って最後の乾杯を見届けた様な、そうでない様な!とにもかくにも会えば嬉しい、飲めば楽しい最高の夜でした。
 須崎地区のみなさんの絆に触れて、心地よい1日の締めとなりました。本当に有難うございました。

トピックス[交流]第205号掲載