[ 詩 ]  ~会報228号
武内和子 秋の七草 希望の顔 飾る お食い初め 架空 夏(Ⅱ)
  シバショの
 桜
痴呆 さくら アッツ桜 山頭火
  本棚に 記憶 新年によ
 せて
夏の夜 秋はコスモス 春の七草
  タンポポ 光り タイムカプセル 飾る キラリキラキラと お日さま
  秋の歌 冬Ⅲ 春Ⅲ N家 桔梗 財産
  早春に 祈る 転がる お正月 ぼたん キラ〱 キラ〱
上幸子 臍を噛む ・初恋        
兼松憲一 居心地いい空間  ・ するするうんちでた? ありがたや      
[ 川柳 ] ~会報228号
某会員 平目ヒラマサ 無題          
小松康秀 雑詠 霞が関にて        
黒岩靖夫 無題 無題 無題 無題 無題 無題
無題
[俳句]  ~会報227号
池内寿子 後の月 冬の病院 電友会 無題      
安村淑 春愁 ・初夏 盆の月 黄落    
並川匡邦 無題          
[短歌 ]  ~会報228号
藤近容子  ・のどかな朝  ・牛の眼  ・絹  ・竃  ・朝の空気
   ・ そよぐ音 梔子 倖せ  ・おひるね ねむの花
  思うまま 寒の床板 「わ」の字 大文字焼 風の矢車 合 図
  虹たちて 鳳仙花 プリキュアの凧 泣き笑い 霧のなか
  雫が跳ねる 春の風 赤き屋根 お茶の花 白梅 幼き手
  海亀 起きあがりこぼし 川の底      
川上理恵 ・小石 ・「若竹の色」 ・「道」 ・夕映えのなか ・干し鰺 広い空
   ・霜月十日 コーヒー香り 父の日 町角 雨の日 向日葵
  花束 ハミング 雷鳴のなか 役目終え ふる里遠く
  ある愛の詩 ビル 夕暮れの雪 少年兵 夏の思い出 仲間達
  街を歩く 青信号 思ひ出 ジップライン 冬景色 山里に暮らす
  ・むくげの花 一日一首 十年目      
高橋慶子 桜の下 「メール」 空の高さ スタート 温もり 
  君に あのころ 薔薇 スキップ   
  散歩道 りんご        
戻る